今週のイベントを確認!G20声明に注目!!

f:id:fxtradelab:20170322104508j:plain

先週(13日~)はFOMCでの利上げ発表が

大きなポイントとなった1週間でした。

FOMC前は全体的に上方向に重たい展開で、
高値は115円前半どまりで先々週(6日~)には届かず、
一方、下方向も114円半ばで止められているかたち。
結果、114円後半を中心としたレンジという感じ。

こんな中、水曜(15日)深夜のFOMCを迎えますが、
利上げが発表されたものの、
利上げペースの加速という新材料はなく、
ドル円は材料出尽くしということで強い下落となりました。
この日のうちに113円前半まで値を落とします。

そして、翌日以降も戻りが弱い展開が続き、
上方向は113円半ばを抜けてくることができません。
そんな中、金曜(17日)はG20への警戒感もあってか、
引けにかけて112円後半まで値を落としています。

G20では「反保護主義」の記載が削除となりましたが、
週明け以降、市場はどう消化していくんでしょうか。
それでは、先週の相場の復習から始めていきましょう。

FX課長が振り返る!先週の相場概況

先週は、FOMCの前後で相場が大きく違いましたね。
ということで、シンプルに

(1)FOMC結果公表前のレンジ相場
(2)FOMC結果公表後の下落相場

の2つに分けて振り返っていきます。

(1)FOMC結果公表前のレンジ相場

先々週のドル円は後半3日間で、
113.60円から115.50円まで強く上昇していました。
ただ、週末引けにかけては、
114.70円まで一気に値を落とすという流れ。

この引けにかけての強い下落の影響が
先週月曜(13日)の動きにはあったように思います。
まずはジリジリと上に戻していましたが、
115円手前でしっかり止められてしまうと、
ここから強い下落が始まります。

先々週金曜安値の114.70円を割っていって
114.50円まで値を落とすというかたち。
ただ、利上げが予想されるFOMCを控えており、
この段階での下押しはここが限界でした。

下がったところでは強く反発の上昇を見せる中、
月曜深夜にはジリジリと値を上げ続けて、
翌日火曜(14日)早朝には115円手前まで戻します。

FOMCの利上げネタがある中の上昇ということで、
ここからの続伸も期待される中、
115円に乗せて115.20円まで勢いよく
値を伸ばしていきます。

ただ、この上昇もここが限界。
欧州株式市場が始まると、この上昇はへし折られ、
114円台に押し戻されると、
前日安値の114.50円まで値が崩れてしまいます。

これで上方向の期待感がなくなったドル円は、
その後は114.50円でなんとかサポートされながら、
114円後半を上が重たく推移しながら、
FOMC結果公表へと入っていきます。

(2)FOMC結果公表後の下落相場

水曜深夜の注目のFOMCでは、
利上げの決定が発表されたものの
年内の利上げ回数が増えることはなく、
新しい材料は出て来ず、という結果となりました。

今回のFOMCの利上げについては、
すでに市場の大半が予想していたことで、
ドル円相場的にもかなり上げた後だったため、
この展開で新材料が出ないとなると、
もう下げるしかない、というようなかたちですね。

しかも、その後のイエレンFRB議長の会見でも
なにか利上げに積極的な姿勢が出るわけでもなく、
むしろハト派的と取れるコメントをしたことも
失望感を加速させました。

結果、ドル円は一気に下落、この日のうちに、
先々週に2度サポートされた113.50円という
重要ラインも割り込んで、113円前半の水準まで
値を落とすことになります。

いったん、この下落は113円で止められて、
112円台に入ろうとすると強く反発するという
展開が続きますが、かといって上方向は
113.50円がレジスタンスとして機能し、
ここでしっかり蓋がされる展開となります。

結局、このまま113円前半で推移すると、
G20に対する警戒感もあって、
金曜の週末引けにかけては下落する展開となり、
113円をしっかり割り込んでくると、
112.70円で引けるかたちとなっています。

今週の重要イベントをPick up !

(★…最重要 ☆…重要)

・3/20(月)…日本祝日

16:00 【独】生産者物価指数(PPI)<2月>
26:10 【米】エバンス シカゴ連銀総裁発言

・3/21(火)

09:30 【豪】豪中銀会合議事録
18:30 【英】消費者物価指数(CPI)<2月>、小売物価指数(RPI)<2月>
19:00 【米】☆ダドリー ニューヨーク連銀総裁発言
21:30 【米】経常収支<10-12月期>

・3/22(水)

08:50 【日】日銀会合議事録(1月30日、31日開催分)、貿易収支<2月>
13:30 【日】全産業活動指数<1月>
18:00 【EU】経常収支<1月>
20:00 【米】MBA受託ローン申請指数<前週>
22:00 【米】住宅価格指数<1月>
23:00 【米】☆中古住宅販売件数<2月>

・3/23(木)

16:00 【独】GFK消費者信頼感指数<4月>
16:45 【仏】企業景況感指数<3月>
18:30 【英】小売売上高<2月>
21:00 【米】☆イエレンFRB議長発言
21:30 【米】新規失業保険申請件数<前週>
23:00 【米】☆新築住宅販売件数<2月>
24:00 【EU】消費者信頼感指数-速報値<3月>
25:30 【米】カシュカリ ミネアポリス連銀総裁発言

・3/24(金)

08:00 【米】カプラン ダラス連銀総裁発言
14:00 【日】景気先行指数-改定値<1月>、景気一致指数-改定値<1月>
16:45 【仏】国内総生産GDP)-確定値<10-12月期>
17:00 【仏】製造業購買担当者景気指数(PMI)-速報値<3月>、サービス業PMI-速報値<3月>
17:30 【独】製造業PMI-速報値<3月>、サービス業PMI-速報値<3月>
18:00 【EU】製造業PMI-速報値<3月>、サービス業PMI-速報値<3月>
21:00 【米】エバンス シカゴ連銀総裁発言
21:30 【米】☆耐久財受注<2月>

【注意!】
ドル円への影響度合いを考えてピックアップしています。

 FX課長の目線!今週の相場見通し

先週のドル円は、FOMCの結果を受けて
強い下落を見せるかたちとなっています。
FOMCに向けて期待が膨らむ中、115円台に乗せる局面もあり、
年初からのレンジをブレイクへの期待もありましたが、
結局、またレンジ内に押し戻されてしまいましたね。

今週はこの111.50円から115円のレンジを意識しつつ、
とりあえずはFOMC後の下落の流れがどこまで続くか
という観点で相場を見ていくことになると思います。

そういったところを前提として、
週末のG20声明という新しい材料もあるので、
これを市場がどう受け止めるのか、
という点に注目したいと思います。

米トランプ政権の強い保護主義的な動きの中、
このG20に対しては警戒感も高まっていましたが、
声明では、「反保護主義」という言葉は削除されましたが、
為替については過去の言葉が踏襲されました。

為替の面ではむしろ安心感が高まる内容ですが、
一応、今週の初動については注視しておきたいと思います。
全体の流れでは週足でも大引け坊主に近い大陰線で、
まだ下方向を向いているかたちです。

これを払しょくするぐらいの反発が出なければ、
前述のレンジ下限に向けての下げも起こる可能性も
あるんじゃないかな、というふうに見ています。

気になるラインをPick up !

(★…最重要 ☆…重要)

☆114.90 先週水曜高値
☆114.00 節目
★113.50 FOMC後下落戻り高値
★113.00 節目
★112.90 先週木曜安値

ー現在値ー

☆112.55 先週安値
★112.00 節目
★111.70 2月28日安値
★111.55 2月7日安値
★111.00 節目

【注意!】
週末時点で、FX課長が意識しているラインです。
値動きによって随時変わっていくので、ご留意ください。

FX課長が考える!今週の取引戦略

G20声明を織り込んでの月曜の初動の動きを見てからですが、
基本的には、FOMC後の下落トレンドに乗って、
戻りをショートしたいという目線を持っています。

ただ、仮に下落していったとして、
この下落がどこまで続くかということを考えてみると、
やはり先述のレンジ下限の111.50円が大きな関門に
なってしまいそうです。

ということは、これよりも手前が利益確定の候補と
したいわけですが、そのポイントを考慮しつつ
リスクに見合った利幅がちゃんと取れるのか、
という点には注意しておきたいですね。

けっこう下落も進んでいるところなので、
できるだけ値幅が取れるようなところでのエントリーに
限定して、どちらかというと短期目線での
勝負として考えておくつもりです。

ちなみにその後は、このレンジが維持されるのであれば
レンジ下限での反発が起こることになります。
まだこの先の動きを見ないと判断できないところですが、
シナリオの1つとして今から頭に入れておくつもりです。

それでは、今週もがんばっていきましょう!!