来週から始まるサマータイム!一時間のズレをお忘れなく!

f:id:fxtradelab:20170309104351j:plain

今週(6日~)のドル円は週初は頭の重たい雰囲気でしたが、

やはりアメリカの3月利上げの思惑もあるのか、
下も固く113円半ばまでが限界。

かといって、上方向に抜けていくには材料不足で、
114円台に乗せてもすぐに押し返されてしまうような
展開が続いていました。

しかし、昨日水曜(8日)のアメリカのADP雇用統計が
かなりの好結果となったことで、重たかった114円台に
しっかりと乗せてきて、先週高値の114円後半まで
値を伸ばしてくる局面もありました。

金曜(10日)には大注目の雇用統計が控えています。
前哨戦とも言える指標が好結果となったわけですが、
本番の結果はこれに続けるんでしょうか。

それでは、現在の市場テーマごとに
それぞれの状況を確認していきましょう。

FX課長が解説!現在の市場のテーマ

・アメリカの利上げ動向

昨年末にアメリカが利上げした際のFOMC声明で、
2017年度には3回の利上げが行われるということで、
市場のコンセンサスは得られていました。
ただ、3月の段階で利上げをすることについては、
懐疑的な見方も多かったという状況だったと思います。

しかし、ここのところのFOMCメンバーの発言では
利上げに対して積極的なコメントが多く出てきていて、
3月利上げの可能性について言及する場面もありました。

相次ぐタカ派コメントに対して、
初めのうちは市場はそこまでの反応はありませんでしたが、
これが先週から一変しているのが今の状況です。

直接のきっかけはダドリー ニューヨーク連銀総裁による
発言だと思われますが、
かなり3月利上げを市場が思惑として織り込んできていて、
それに絡むところでは敏感に反応しやすい状況ですね。

昨日水曜にはADP雇用統計でいい反応もしていて、
本番の金曜の雇用統計がより一層注目されるところです。
さらに来週水曜(15日)深夜に行われる
FOMCの結果発表にどうつながっていくのか、
というところですね。

ただ、1点気になるのはこの利上げに向けた
ドル円上昇の後の材料出尽くしには注意したいですね。

現在の年3回の利上げペースがさらに早まるかも、
といった新材料なんかが出てこないと、
いったん強く押す可能性もあると思います。
一応、そのシナリオも頭に入れておくべきでしょう。

・トランプ政権による政策への期待と不安

現在は上記の3月利上げの注目度が高まっていますが、
それ以上に大事なトランプ政権の政策も忘れてはいけません。

先週行われた施政方針演説はソフトなしゃべり口で
市場の受けも上々だったように思います。
ただ、まだ期待されている財政出動と大幅減税に関する
具体的な内容が出てきているわけではありません。

とくに大幅減税のほうが近々発表されるとのことですが、
しっかりと中身が出てきた時からが、
本当に市場は動き出すと思うので、
焦らずにそのタイミングをしっかり待つべきと思います。

ちなみに、この前、「3月13日に発表する」
というようなコメントも出ていたと記憶していますが、
予算教書がもうすぐ発表されるはずです。
ここはかなり注目しておきたいと思っています。

この他、火曜深夜にはトランプ米大統領
Twitter上で薬価引き下げに絡むコメントをして、
株価を押し下げる影響を与えたりもしています。

昨日水曜のドル円がジリジリ下げる流れだったのは
この影響だと思いますが、
引き続きトランプ米大統領の動きには注意ですね!

コラム「来週から米サマータイム開始」

今年もサマータイムが始まる時期になりました。
サマータイムが始まると、日本時間で見た時の
欧米の毎日のスケジュールが1時間ズレてくるので、
注意が必要です。

しかも、アメリカとヨーロッパで
サマータイムの開始タイミングが違うので
このあたりはゴチャゴチャになりやすいので要注意。

・アメリカは12日(日)から、
・ヨーロッパは26日(日)から、

それぞれサマータイムが開始となります。
ということで、主要スケジュールの時間を
ざっと確認して、頭を整理しておきましょう!

------------------------------------------------

<今週まで>

17:00 欧州株式市場オープン
23:30 ニューヨーク株式市場オープン
24:00 ニューヨークカット
25:00 ロンドンフィキシング

<12日~25日(来週&再来週)>

17:00 欧州株式市場オープン
22:30 ニューヨーク株式市場オープン★
23:00 ニューヨークカット★
25:00 ロンドンフィキシング

★…サマータイム適用

------------------------------------------------

主要なスケジュールを挙げてみました。
この他、経済指標の発表時間も
それぞれ1時間ずつズレてくるので注意しましょう。

普段は「時間帯なんて気にしてないよ!」という人も
これを機会に、時間帯を意識しながら
相場を見てみるといいんじゃないでしょうか!