一年間お疲れ様でした!!年末年始でのアドバイスを一つ

f:id:fxtradelab:20161222134627p:plain


今週(19日~)のドル円はようやく一休みという感じでしょうか。
月曜(19日)には大きめの下落もあり、一時は116円半ばまで
値を落とす局面がありました。

先週高値118円半ばから約2円のげらくになりますが、
とはいえ、大きな目で見るとまだ調整の範囲内。
翌日火曜(20日)にも、118円前半まで戻しています。

ただ、さすがにクリスマス前ということもあってか
高値を更新する勢いまでは出ず、そこからは下落、
現在は三角持ち合いの形になってきていますね。

今週末はクリスマスで欧米の方々はお休みに入っていきますが、
年末・年始はどういった展開を見せてくるのでしょうか。
それでは、現在の市場テーマを振り返っていきましょう。

FX課長が解説!現在の市場のテーマ

・トランプ次期政権の政策に対する期待

振り返れば、2016年は年初からかなりの円高相場、
120円から100円を割るまで円高が進んでいました。
しかし、最後の2ヶ月でものすごいどんでん返し、
118円あたりまで戻してきているという状態です。

このどんでん返しのエンジンとなったのが、
トランプ次期政権の政策に対する期待でした。
大規模な財政出動と減税によってアメリカ経済を強くする
という方針で、相場は一気にリスクオンになったわけです。

株価を見てみれば、NYダウは2万ドル、日経平均も2万円という
ダブル2万に手が届きそうな感じですね。
このあたりをクリアすると、1つの達成感も出てきそうですが、
まあ、今の勢いを見ると、どこまで行くか分からないですよね。

さて、来年に目を向けると、トランプ氏が大統領の就任式は
1月20日に行われることになっています。
ここからが政策が実行されていく本番というわけですが、
今まで膨らんだ期待に応えられるかどうかが大事になってきます。

もし期待されていた以上の政策が実行されなかった場合には、
相場がヤレヤレということになってしまう可能性もあり得るので
その点は十分に警戒しておくつもりです。

とはいえ、大統領就任から100日間はハネムーン期間といって、
あまりマスコミは大統領に批判的なことをやらないという
暗黙の了解のようなものがあります。
この期間については、ガッカリムードは出にくいかもしれません。
逆に言うと、100日経った時点も注意かもしれないですね。

ということで、今年最後のメルマガということで、
来年スタート後の時間軸についての復習をしてみました。
この強い相場がどこまで続くのか、という観点で
年初の戦略の参考になれば幸いです!

・アメリカの利上げ動向

12月FOMCでは予想通りの0.25%の利上げが実施されました。
ポイントは来年以降の利上げペースだったわけですが、
この点について、予想外の利上げペースが年3回になるという
若干予想を超えた発表がなされています。

今後ですが、この利上げペースが実際に守られるかどうかを
注意しつつ見ていくことになりそうです。
今年も利上げは結局12月の1回だけだったわけですからね。

また、トランプ氏とうまくやっていけるかどうか
というのもちょっと気になるところです。
前回のFOMC後の会見の中でも、
トランプ氏の政策について、「ちょっとやりすぎなんじゃないの」
というようなニュアンスを感じ取れました。

気になるのはトランプ氏がFRB人事権をどう使ってくるかという点。
あまりに、イエレンFRB議長との対立が深まるようであれば、
このあたりからリスク回避につながってしまわないか、
ちょっと気になっていたりします。

コラム「年末相場にご注意を!」

もう今年も終わりが近づいてきましたね。
この時期になると、相場への参加者が減って閑散としてきて、
動きが小さくなってしまったり、ちょっと変な動き方をする
こともあるので注意が必要です。

欧米では、クリスマス休暇をガッツリ取るのが一般的なので、
その周辺はトレーダーさんもお休みに入っちゃうんですね。
また、特に月曜(26日)は日本以外は休場している市場が多いので、
特に注意ですよ!(取引時間自体いつもと違うと思うので注意!)

こういう年末ですが、個人的には無理して取引する必要は
ないように思います。
というのは、動かない相場で捕まってしまうと
本当にどうしようもなくなってしまいますからね。

もちろん相場は見ていていいですし、
もしチャンスのある動きになったらエントリーすべきなんですが、
こういう時に、「今日は○○円利益出すぞ!」といった
スタンスで臨んじゃうと、無理やりトレードで失敗しやすいはず。
要は気持ちの持ちようなんですが、のんびり相場を見ること推奨です。

個人的には、この時期はFXの本なんかを読んだりしたりして
いつものトレード時間を勉強に使うことが多いです。
まとまった時間を勉強に使うことで、新しい視点が見えたり、
新しい気付きがあったりと、いろいろ吸収できることがあります。
こういったところでの努力がきっと来年のトレードに
ちょっとしたプラスの効果を与えてくれるはずですよ!