トランプ相場にご注目!?次期大統領へ期待

f:id:fxtradelab:20161201143407j:plain

今週(11月28日~)のドル円は、週初に大きめの下落が起こり、
111円前半まで値を落とす場面がありました。
先週(11月21日~)高値が113円後半なのでけっこうな下落幅で、
このトランプ相場では、一番大きな調整になっています。

とはいえ、この上昇の勢いはやはり強く
引き続き下がったところでは根強く買われて下がりきりません。
そんな中、水曜(11月30日)にはもう一段の強い上昇が起こり、
それまでの先週高値113円後半をブレイクし114円台に入っています。

そろそろ節目の115円に手が届きそうになってきていますが、
現在の市場テーマについて振り返っていきましょう。

FX課長が解説!現在の市場のテーマ

・アメリカの利上げ動向

いよいよ今日から12月になったわけですが、
12月13日、14日には今年最後のFOMCが予定されています。
ここで、おそらく利上げという決断がされると思われるわけですが、
ここはいったんの大きな節目になりそうな気がします。

さて、このFOMCに向けて、直近のアメリカの経済指標が
重要になってくるわけですが、とくに今週金曜(2日)の
アメリカ雇用統計が重要になってきます。
この前哨戦とも言うべきADP雇用統計も予想を上回る
強い結果になっていますが、本番はどうなるんでしょうか。

また、先週の耐久財受注も良かったですし、
今週のGDP改定値も上振れ、消費者信頼感も非常に強く、
ここのところの指標は総じて強いような印象があります。
やはり12月の利上げは本番の雇用統計が崩れなければ
問題ないのでは、という感覚を持っています。

ただ、12月利上げというのはほぼ織り込み済みという
位置づけになっていると考えられるのは注意したいところ。
あくまで大事なのは来年以降の利上げペースがどうなるか、
ここを意識しておくようにしたいと思います。

・トランプ次期大統領の政策への期待

アメリカの来年の利上げペースにも大きく影響を与えるのが
トランプ次期大統領の政策の中身です。
現在は、トランプ氏は大規模な財政出動と減税を行う
トランプノミクスと言われる政策が強く期待されています。

この期待によって、強いリスクオンになって株価は急上昇、
ドル円も大きく上げる展開となっているわけです。
今野強烈な相場がいつまで続いて、どの水準で落ち着くのか、
年末ですが、なかなか気が休まりませんね(笑)

大きな流れを考えてみると、来年1月に新政権がスタートして、
とりあえず初日にTPP離脱が表明されることになります。
ここは1つの節目となりそうなところではありますよね。

ただ、新政権がスタートして100日間はハネムーン期間といって、
メディアもあまり批判的なことをしない暗黙の了解があったり、
わりと順調にいく可能性も高いと言われています。
これが終わる4月頃が節目となるという見方もあるようです。

もちろんそれまでも山あり谷ありという相場になるわけですが、
大きな流れとしてはこんなイメージを、
あくまでゆるくですが、持っておこうかと考えています。

それまでの期間でも、もちろん懸念材料はあります。
トランプ氏は今はおとなしくなっているようですが、
強烈なことを言ってくる、やってくる可能性は否めません。

ドル円的には、ドル高をけん制する発言が出てくると怖いですね。
また、昨日深夜に発表されたベージュブックでは、
トランプ氏の政策に対する「いくらかの不透明感」についての
指摘も含まれていたようです。
こういった指摘が今後どう推移していくかという点にも
気をつけておきたいと思います。

OPECで減産合意

水曜に行われたOPECで、原油の暴落が起こってから
初めての減産合意がなされました。
これを受けて、ドル円も上昇を支えられた形になっています。

これでだいぶ原油の混乱は収束に近づいてきたかもしれませんね。
引き続き原油相場に極端な動きが出ないかどうかは注意しますが、
現在のリスクオン相場の流れを後押しする材料として
受け止めようと思っています。

コラム「順張りは負ける時が来る」

今週、大きめの調整がきたということで、
「ヤバいかも」と感じやすい局面だったかもしれないですが、
結果的には、さらに一段の上昇で高値ブレイクをやってきましたね。

本当にこのトランプ相場はものすごい強さです。
こんな相場は早々お目にかかれるもんじゃないですね。

順張り大勝利という形の相場になっていますが、
上がったところでさらに順張りというのも
なかなか心境的には難しいところがあるかもしれません。

というのは、やっぱり強い上昇の後の反動の下落を
どうしても警戒してしまうからです。
上がれば下がるのが相場の動きなので、
ある意味、この感覚自体は大切とも言えると思います。

ただ、これに負けてしまうと、いつまでたっても
順張りのエントリーを入れることができませんよね。
しっかりと順張りを入れていくためには、
ある程度の負けるかもしれない割り切りが必要です。

トレンドはいつか終わる以上、順張りをし続ければ
いつかは必ず負けがやってきます。
だけど、それを怖がっているとエントリーができません。

最後の負けを覚悟しているからこそ、順張りができて
それまでの勝ちも生まれてくるわけです。
最後の負けを入れて、
トータルで勝てばいいという感覚が大事なんですね。

ちなみに、もちろんなんですが、最後の負けの部分は
損切りする場所をしっかり決めることで、
リスクを限定することが必須ですよ。
(それがあるからこそ、トータルで勝てるわけです。)

今回の相場は、そんな順張りの感覚を得るには
いい相場だったかもしれません。
そういう意味では、順張りが苦手な人は、
復習してみるのもいいと思いますよ!