読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トランプ大統領誕生で為替相場は円安へ!?

f:id:fxtradelab:20161117112745j:plain

こんにちは、FX課長です!

アメリカ大統領選挙以降、アゲアゲのドル円ですが、
今週(14日~)もその勢いは止まる様子がありません。

月曜(14日)は106円後半という先週(7日~)高値に近い
水準からスタートすると、107円はあっさりクリアして、
108円もブレイクし、翌火曜(15日)には109円も超えます。

そのまま109円後半まで値を伸ばすも、
現在は110円でいったん押さえられて、109円前半を推移中。
110円を前にして、そろそろ過熱感も出てきそうな気もしますが、
どこまで値を伸ばしていくんでしょうか。

それでは、現在の市場テーマについて確認しておきましょう。

FX課長が解説!現在の市場のテーマ

・トランプ次期大統領の政策への期待

アメリカ大統領選挙では、まさかのトランプ氏の勝利という
結末に終わりました。
選挙前はさんざんトランプリスクが言われてきましたが、
相場はかなりリスクオンの流れになってきています。

これはトランプ氏が、選挙中に行っていた過激発言を
今のところ控えているということと、
勝利宣言の演説を受けて、財政出動と減税が期待されることで、
アメリカ経済に対して強気の見方が出てきていることがあります。

同時に、これは財政懸念も生む内容なので債券は売られていて、
アメリカの長期金利は上昇を続けています。
これが、ドル高をさらに加速させている側面もありますね。

次期政権に対する期待の高まりは明確になってきています。
ただ、アメリカ国内では大規模なデモも起きたりと
不穏な状況があるのも事実ですよね。
トランプリスクが再燃しないかどうかところは気を使いつつ、
今後のトランプ氏の動向は注視していきましょう。

なお、本日はニューヨークでトランプ氏と安倍首相の
会談が行われる予定になっています。
対日本でも選挙中は過激なことを言っていたので、
このあたりについて本当に丸くなっているのか注目です。

・アメリカの利上げ動向

次期大統領にトランプ氏が確定した場合には、
12月利上げの延期が懸念されていたわけですが、
今の相場状況を見ていると、杞憂に終わるかもしれませんね。

火曜の小売売上高の数字も好調なものでしたし、
FOMCメンバーの発言を見てみても、
12月利上げの可能性は十分に感じられる気がします。

また、12月利上げ以上に来年以降の利上げペースも大事です。
次期政権の財政出動&減税の政策によってアメリカ経済が
引き上げられることを考えると、思っていたよりも
早いペースで利上げが行われる可能性もありそうです。

12月利上げは見越したうえで、来年以降の利上げペースに
関するFOMCメンバーのスタンスにも注目したいですね。

・トランプ次期大統領の為替への姿勢

個人的に気になっているのが、
トランプ氏がどこまでのドル高を容認するかというところです。

アメリカ経済を強くするうえでは、貿易で不利になる
強いドルが邪魔になるのはまぎれもない事実です。
実際に、何度か為替に関する発言もしてましたよね。

これを踏まえると、現在の強烈なドル高傾向が長期化すれば、
何らかのコメントを出してくるような気がしてなりません。
そういったところが、相場の節目になる可能性はありますよね。

明日、明後日という短期的な話ではないとは思いますが、
本日のトランプ氏と安倍首相の会談でも、一応そういった
為替への姿勢が見られないかということは、意識するつもりです。

◇アメリカの通貨政策に関する説明を含むロイターのコラム記事

jp.reuters.com

コラム「短期足チェックのすすめ」

トランプ氏の勝利からドル円はガツガツ上げてきて、
とうとう110円の手前にまで差しかかってきていますね。
開票中には101円前半まで落ちていたことを考えると、
この上げ方のスピード感のすごさがわかりますね。

この上昇相場を、例えば日足で見てみると、
まっすぐ上昇しているようにしか見えませんよね。
これだけで押し目を分析したりするのは、少々厳しいですよね。

ブレイクダウンして4時間足で見てみると、
少し押しているところも見えてきました。
このぐらいになると、ちょっと上げ渋っているところがどこなのか
見えやすくなってくると思います。

さらに細かく1時間足で見てみると、
今度はけっこうヨコヨコしている調整時間があるのがわかります。
このレベルだと、どのタイミングが狙い目なのか、
分析も可能になってくるはずです。

何が言いたいかというと、日足、週足では一本調子で上がっている
ようにみえるような相場でも、より短期の足を見ることによって
押し目だったり、調整しているところが見えるようになって、
精緻な分析ができるようになるということです。

まずは長期足の分析が大事なのは大前提ですが、
少しでも有利なエントリーをするのであれば、
それに加えて、今より1つ短期の足も見てみるようにすると
ワンランク上のトレードができるようになるかもしれませんよ!