トランプ大統領就任目前!! 荒れる相場に注目

f:id:fxtradelab:20170112145718j:plain

昨日、日本時間の深夜に注目のトランプ氏の記者会見が
あったわけですが、相場はかなりの荒れ模様となりましたね。

今週(9日~)のドル円は、週初は下げ基調でしたが、
火曜(10日)に115円手前で2度跳ね返されると、
そこからは116円後半まで上に戻していました。

しかし、トランプ氏の記者会見が始まると強い下落の流れで、
一時は115円を割り込んで114円前半まで値を落としました。
メルマガ執筆時点(6時頃)では、リバウンドから115円半ばまで
半値ほど戻してきいますが、不安定な状態はしばらく続きそうです。

それでは、現在の市場テーマについて確認しておきましょう。

FX課長が解説!現在の市場のテーマ

・トランプ次期政権の政策に対する期待と不安

アメリカ大統領選でトランプ氏が勝利して以降、
大規模な財政出動と減税による経済対策を期待して
リスクオン相場が続き、ドル円も大幅な上昇を見せてきました。

その市場の期待に応えられる政策を本当に実行できるのか
というのは1つのポイントで、昨日深夜の記者会見では、
その具体的な中身についてはほとんど触れられませんでした。

私も眠い目をこすって会見を見ていましたが、
トランプ氏の報道機関に対する不満をぶちまけることが中心で、
知りたかった政策内容がほとんど出てこなかったので、
ちょっとガッカリというのが正直な感想です。

相場も期待する内容が出てこないということもあってか、
完全に下げモードなってしまい、115円の節目もブレイクされています。
まあ、あれだけ上げた後なので、まだまだ自然な下げに見えますね。

記者会見の中では、メキシコとの国境に壁を建設して、
そのお金をメキシコに支払わせるという、無茶な発言もありました。
保護主義色を強く感じさせる内容で、こういった過度なやり方は、
ちょっと不安を感じるところもありますね。

ドル円の関係で言うと、アメリカの貿易を考えると、
ドル高が続くことは好ましいわけがないので、
トランプ氏がこれに対して何らかの圧力をかける可能性もあります。
今回の会見では為替には触れませんでしたが、
今後もこの点は警戒をしておいたほうがいいように感じます。

ということで、トランプ氏の記者会見がありましたが、
報道機関との悪い関係ばかりが印象に残って、
大事な政策の詳細は何も分からなかったというものでした。

ということで、これが明らかになってくるのは
20日の就任式での演説になると思われるので、
それまではスタンスを決めづらい、
少々不安定な相場になりそうな感じがしています。

・アメリカの利上げ動向

昨年12月のFOMCでは、利上げが実施されるとともに、
2017年は年3回の利上げペースという見通しが発表されました。

また、今週は地区連銀総裁などの発言がいくつか出ていましたが、
全体的に利上げに対して強気な内容だったように思います。
これを見ていると、やはりドルの強さは今後も続きそうですね。

ただ、ここでもトランプ氏の影響を忘れてはいけません。
イエレンFRB議長がトランプ次期政権の政策に対して
懸念を示すような発言したということもありましたが、
2人の関係は決していいものではないように感じられます。

そこで気になるのが、トランプ氏が人事権を使うことで、
FRBに影響を与える可能性です。
そうなると、経済の過熱を抑える利上げがすんなり行われるか、
ちょっと分からなくなってくるかもしれません。

そういった面での不透明感があることも踏まえつつ、
今後の動向には気を配っておきたいところです。

コラム「イベント前の運否天賦ポジの是非」

昨日、大注目のトランプ記者会見があり、
ドル円相場は非常に強い下落という結果になりました。
上値116.90円から、記者会見後の下値は114.20円と、
270pipsという大幅な下落でした。

こういう大イベントがある時には、けっこう悪魔のささやきで
イチかバチか、「イベント前にポジションをもってやろう!」と
考えてしまったことが、きっと誰でもあると思います。

もし今回、「トランプはヤバそうだからドル円は下だろ!」と
ショートポジションを持っていたら、200pipsぐらい抜けていた
可能性もありますよね。非常に美味いように感じます。

ですが、これは絶対にやめたほうがいいんです。
勝てる確率としては2分の1かも知れないんですが、
失敗した時に、大きな痛手を負ってしまいますからね。

仮に一度うまくいっても、こういう美味しい経験をしてしまうと
「もう1回、やっちゃえ!」ということになってしまいます。
そして、負けて痛い目を見るまで、
このトレードを繰り返してしまうんです。

つまり、勝ち逃げというのはなかなかできないもので、
大負けをするまでやり続けてしまうというわけなんですね。
そして、その大負けが致命傷になってしまうこともあります。

ということで、たとえ一度は勝てたとしても、
それが将来の致命傷になる可能性もあるので、
大イベントでの運否天賦トレードは良くないと思うわけです。

あくまで、戦うのは大イベントの結果が出て
方向性が分かってからで十分です。
危険な勝負をせずに、今年も1年乗り切っていきましょう!!