読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FOMC間近!!発表に控えよう!

f:id:fxtradelab:20170314102307j:plain

先週(6日~)のドル円は前半は114円を割り込んでの
頭の重たい展開が続きました。
ただ、下落がどんどん進むわけでもなく、
113円半ばでは跳ね返されるという形。

この流れが変わったのが水曜(8日)に発表された
米ADP雇用統計でかなり強い結果が出たところから。
ここから金曜(10日)の米雇用統計に向けて
上昇が継続し一時は一時は115円半ばまで伸ばします。

注目の米雇用統計では上々の結果が出ましたが、
この高値には届かないまま下落へ転じ、
週末の引けでは115円台を割り込んでいる状態です。

今週(13日~)はいよいよ注目のFOMCですね。
どういう展開になるのかを占うために、
先週の相場復習から始めていきましょう!

続きを読む

来週から始まるサマータイム!一時間のズレをお忘れなく!

f:id:fxtradelab:20170309104351j:plain

今週(6日~)のドル円は週初は頭の重たい雰囲気でしたが、

やはりアメリカの3月利上げの思惑もあるのか、
下も固く113円半ばまでが限界。

かといって、上方向に抜けていくには材料不足で、
114円台に乗せてもすぐに押し返されてしまうような
展開が続いていました。

しかし、昨日水曜(8日)のアメリカのADP雇用統計が
かなりの好結果となったことで、重たかった114円台に
しっかりと乗せてきて、先週高値の114円後半まで
値を伸ばしてくる局面もありました。

金曜(10日)には大注目の雇用統計が控えています。
前哨戦とも言える指標が好結果となったわけですが、
本番の結果はこれに続けるんでしょうか。

それでは、現在の市場テーマごとに
それぞれの状況を確認していきましょう。

FX課長が解説!現在の市場のテーマ

・アメリカの利上げ動向

昨年末にアメリカが利上げした際のFOMC声明で、
2017年度には3回の利上げが行われるということで、
市場のコンセンサスは得られていました。
ただ、3月の段階で利上げをすることについては、
懐疑的な見方も多かったという状況だったと思います。

しかし、ここのところのFOMCメンバーの発言では
利上げに対して積極的なコメントが多く出てきていて、
3月利上げの可能性について言及する場面もありました。

相次ぐタカ派コメントに対して、
初めのうちは市場はそこまでの反応はありませんでしたが、
これが先週から一変しているのが今の状況です。

直接のきっかけはダドリー ニューヨーク連銀総裁による
発言だと思われますが、
かなり3月利上げを市場が思惑として織り込んできていて、
それに絡むところでは敏感に反応しやすい状況ですね。

昨日水曜にはADP雇用統計でいい反応もしていて、
本番の金曜の雇用統計がより一層注目されるところです。
さらに来週水曜(15日)深夜に行われる
FOMCの結果発表にどうつながっていくのか、
というところですね。

ただ、1点気になるのはこの利上げに向けた
ドル円上昇の後の材料出尽くしには注意したいですね。

現在の年3回の利上げペースがさらに早まるかも、
といった新材料なんかが出てこないと、
いったん強く押す可能性もあると思います。
一応、そのシナリオも頭に入れておくべきでしょう。

・トランプ政権による政策への期待と不安

現在は上記の3月利上げの注目度が高まっていますが、
それ以上に大事なトランプ政権の政策も忘れてはいけません。

先週行われた施政方針演説はソフトなしゃべり口で
市場の受けも上々だったように思います。
ただ、まだ期待されている財政出動と大幅減税に関する
具体的な内容が出てきているわけではありません。

とくに大幅減税のほうが近々発表されるとのことですが、
しっかりと中身が出てきた時からが、
本当に市場は動き出すと思うので、
焦らずにそのタイミングをしっかり待つべきと思います。

ちなみに、この前、「3月13日に発表する」
というようなコメントも出ていたと記憶していますが、
予算教書がもうすぐ発表されるはずです。
ここはかなり注目しておきたいと思っています。

この他、火曜深夜にはトランプ米大統領
Twitter上で薬価引き下げに絡むコメントをして、
株価を押し下げる影響を与えたりもしています。

昨日水曜のドル円がジリジリ下げる流れだったのは
この影響だと思いますが、
引き続きトランプ米大統領の動きには注意ですね!

コラム「来週から米サマータイム開始」

今年もサマータイムが始まる時期になりました。
サマータイムが始まると、日本時間で見た時の
欧米の毎日のスケジュールが1時間ズレてくるので、
注意が必要です。

しかも、アメリカとヨーロッパで
サマータイムの開始タイミングが違うので
このあたりはゴチャゴチャになりやすいので要注意。

・アメリカは12日(日)から、
・ヨーロッパは26日(日)から、

それぞれサマータイムが開始となります。
ということで、主要スケジュールの時間を
ざっと確認して、頭を整理しておきましょう!

------------------------------------------------

<今週まで>

17:00 欧州株式市場オープン
23:30 ニューヨーク株式市場オープン
24:00 ニューヨークカット
25:00 ロンドンフィキシング

<12日~25日(来週&再来週)>

17:00 欧州株式市場オープン
22:30 ニューヨーク株式市場オープン★
23:00 ニューヨークカット★
25:00 ロンドンフィキシング

★…サマータイム適用

------------------------------------------------

主要なスケジュールを挙げてみました。
この他、経済指標の発表時間も
それぞれ1時間ずつズレてくるので注意しましょう。

普段は「時間帯なんて気にしてないよ!」という人も
これを機会に、時間帯を意識しながら
相場を見てみるといいんじゃないでしょうか!

重要な一週間!今週のイベントをおさらいしよう!!

f:id:fxtradelab:20170306185718j:plain

 

先週(2月27日~)は注目のトランプ米大統領による
施政方針演説が控えているということもあって、
週初は時折強い反発もありましたが、
本格的に動かないまま頭の重たい展開が続きました。

火曜(2月28日)の深夜には先週安値を割り込んで、
一時は111円半ばの年初来安値に肉薄する局面もありました。

ですが、この局面を下ヒゲで乗り切ると、
ここから下落の流れが一変してしまいました。
強い上昇で、なんと114円後半までほぼ一本調子で上昇。

この上昇のきっかけはダドリー ニューヨーク連銀総裁の
コメントで、市場の3月利上げの思惑が高まったこと。
その後のトランプ米大統領の施政方針演説は、
期待する内容はなかったものの無難に乗り切った形で、
それまでのトレンドが後押しされたという流れです。

ただ、週末前に起きた強い下げは少々気になりますね。
このあたり、115円という節目手前の攻防が要注目です。
それでは、先週の相場を詳細に振り返っていきましょう。

続きを読む

次々くる波に備えよ!三月利上げと経済政策に注目!

f:id:fxtradelab:20170303172233j:plain

こんにちは、FX課長です!

今週(2月27日~)のドル円は、前週からの下落の流れのまま、
基本的に頭が重たい展開を続けていました。
大注目のトランプ米大統領の施政方針演説前に
強く意識されていた年初来安値の111円半ばのブレイクを
トライするような下落も起こっています。

しかし、火曜(2月28日)にダドリー ニューヨーク連銀総裁が
3月利上げに対してかなり踏み込んだ発言をしたことで、
一気に流れは変わります。
111円半ばから急反転、ドル円は強い上昇で113円台まで上昇。

そんな動きの中で、トランプ米大統領の施政方針演説を迎え
具体的な中身は出なかったものの、財政出動や減税について
積極的な姿勢を見せたことが好感されて、上昇が継続。
現在は、114円には乗せられていないものの、
113円半ばをしっかりキープしての推移を続けています。

流れが変わりそうな雰囲気を見せているドル円ですが、
現在の市場テーマごとに、状況を確認していきましょう。

課長が解説!現在の市場のテーマ

・アメリカの利上げ動向

昨年最後のFOMCでの声明以降、
今年度は利上げが3回行われるという点について、
市場でのコンセンサスは構築されていました。
ただ、3月利上げについては懐疑的な見方が多かった、
というような状態だったんじゃないかなと思います。

ここのところ、FOMCメンバーによる発言で
年3回の利上げや、3月利上げの可能性について、
度々触れられていたように思いますが、
相場の反応としては一時的であったりして、
そこまでの動きは出ていなかったという感じでした。

しかし、この3月に利上げが実施されることについて、
火曜のダドリー ニューヨーク連銀総裁の発言から
大きく市場のスタンスは修正し始めていて、
かなり3月利上げを現実的なものと見始めたような
雰囲気になってきました。

となると、3月FOMCの注目度は俄然高まりますね。
なお、日程は14日(火)、15日(水)。
その前に10日(金)には米雇用統計もありますが、
このあたりを意識しながら相場を見たいですね。

・トランプ政権の政策に対する期待と不安

ここまで、トランプ政権がどこまで強い経済政策を
実現できるかということで、
その発言は度々注目を集めてきました。

ですが、なかなか具体的な内容まで踏み込んだものは
出て来ておらず、懐疑的な見方も徐々に出てきている
ように思います。

ここのところのドル円の調整の下落局面というのも、
チャート的な部分ももちろんありますが、
そういった要素は決して少なくないでしょう。

そういった中、火曜(日本時間では水曜の午前中)に、
トランプ米大統領の施政方針演説が行われました。
結果的に見ると、ドル円はダドリー発言以降の上昇を
継続させて続伸という動きになっていて、
ポジティブに市場に受け止められたようにも見えます。

ただ、より踏み込んだ具体的な内容が出たわけではなく
無難にやり過ごしただけというような印象もあって、
とくに材料視できるようなものはなかったと思います。

あくまで、ドル円が上に突き抜けるには
より具体的な内容が提示される必要があると思うので、
今後も引き続き、政策の中身についてのコメントには
注目が必要ですね。

ということで、次は予算教書が出される13日(月)が
重要になってくるように思っています。

コラム「今の状況を整理すると・・・」

今週は、トランプ米大統領の施政方針演説が大注目だった
わけですが、ドル円の上昇の起点となったのは
ダドリー ニューヨーク連銀総裁の発言でしたね。

しかも、結果的に、年初来安値111.60円付近で
きれいに反転した形になっています。
「初めから、このラインで逆張りをしておけばよかった!」
なんて思っちゃいますが、まあ、相場ではよくあることですね。

現在の相場のポイントになってるのは上の通りですが、
FOMCの3月利上げと、トランプ政権の経済政策です。
この2つのポイントがどうなっていくかというのと、
それぞれの材料が出るポイントを整理していくと、
今後の相場が見やすくなるように思います。

まずは、10日(金)の米雇用統計ですね。
大きな指標なので毎月注目されていますが、
とくに3月利上げがあるかどうかには影響しそうです。

そして、13日(月)に予算教書が出される予定で、
ここでは、トランプ政権の減税政策や財政出動について
より踏み込んだ内容が期待されます。

翌日14日(火)からはFOMCが始まり、
15日(水)に利上げがどうなるかが発表されます。
直近の動きではこれに対する思惑でもって
ドル円は上昇しているので、この結果も注目ですね。

このあたりの重要イベントの時間軸を意識しておくと、
相場の流れが見やすくなると思うので、
今後の取引戦略の参考にしてみてくださいね!

今週のイベントをチェック!トランプ演説に備えよう!!

f:id:fxtradelab:20170227163833j:plain

先週(20日~)のドル円は、週初はいったん
主にスピード調整という形で上に戻しました。

ただ、火曜(21日)、水曜(22日)の上昇局面で
114円台に載せられずに押さえ込まれると、
それ以降は、強い下落の展開となっています。

結局、前週(13日~)安値の112円半ばをブレイク、
週末前には、一時は112円を割り込む局面もあり、
引けも112円前半という形になっています。

もうすぐ先々週(6日~)につけた年初来安値の
111円半ばも見えてきていますが、
今週(27日~)はどんな展開を見せるんでしょうか。
先週の相場を詳細に振り返っていきましょう。

続きを読む

トランプ大統領の減税政策に注目!今後の方向性の決定打

f:id:fxtradelab:20170224101839j:plain

今週(20日~)のドル円は、まずは調整の動きから。
先週(13日~)末には112円半ばをつけていましたが、
火曜(21日)には、113円後半まで戻しています。

ただ、先週後半の下落のちょうど半値が重たく、
114円に届かないまま上値を抑えられてしまいます。
すると、水曜(22日)は再度強い下落が再開、
一時は113円を割り込む局面もありました。

しかし、112円に入ったところの買いも分厚く
なかなか下値が伸びていかないような状態です。
そんな中、仏大統領選挙関連のニュースで上昇しますが、
FOMC議事録の公表で再び強い下落が再開し、
執筆時点で113円ブレイクをトライしている状態です。

この強い下落の勢いと、根強く続く買い支え、
どちらに軍配が上がるか、重要な局面ですが、
現在の市場テーマごとに、状況を確認していきましょう。

続きを読む

”利上げの先延ばしはダメ!”イエレンFRB議長発言の影響は?

f:id:fxtradelab:20170222103337j:plain

先週(13日~)のドル円は、前半と後半で雰囲気がガラリと

変わる、極端な相場になりました。

週の前半戦は、前週(6日~)後半からの上昇の流れを引き継ぎ
窓を上に開けて113円半ばでスタートすると、
底堅い動きを続けながら、火曜(14日)のイエレンFRB議長の
議会証言を材料に続伸、水曜(15日)には115円手前まで来ます。

しかし、この115円トライが失敗に終わり、また、
この日のイエレンFRB議長の議会証言の2日目では新たな材料が
出てこなかったのを見て、一気に下落へと転じていくと、
この日のうちに一時は114円を割り込む強い下落へと転じます。

その後、いったんは114円台に戻す局面もあったものの、
木曜(16日)以降は下落トレンドが継続、
週の引けでは、112円後半という低い水準となっています。
週足的にも、上ヒゲが長めの陰線となっており苦しい形ですね。

ひさびさの上昇局面も早々に終わり、今後が気になるところです。
それでは、もう少し詳細に先週の相場を振り返っていきましょう。

続きを読む